結果、大満足です。


スピーカーは固定側にレイアウトしたことで、スイング動作に関わらず、ステレオ音響でワンセグを楽しめます。
ヨコモーション対応
周囲の明るさを光センサーが感知して液晶の輝度を自動で変える、明るさ自動調整を採用
904iシリーズ共通機能として提供される「2in1」「うた・ホーダイ」「ビデオクリップ」などの機能をサポートしながらワンセグに対応する。
横表示でワンセグを視聴中に通話が着信した場合は、縦画面にすることで応答できるように設定可能。

ワンセグとミュージックプレーヤーの起動に時間がかかる。
自分撮り用のインカメラは11万画素CMOS
朝起きるときはアラームを鳴らすためにマナーモードOFF、通勤で電車に乗る時間帯にはマナーモードON、寝る時間から朝のアラームまではマナーモードON、といった設定ができる。マナーモードだけではなく、トータルコーディネート設定によって待ち受け画面や着信音もあわせて変更できる。
回転するディスプレイを支えるアーム部分に3つのLEDが内蔵されている。LEDを左右へ流れるように点滅させる設定も可能。
「MENU」キー⇒「1」「3」キー⇒「決定」(選択)キー⇒グループ名の入力画面で「グループ」を削除し「タワー」と入力⇒「決定」(確定)キー⇒「電話帳」(登録)キー⇒「スペシャルモードに設定しました」と表示され、設定完了。
不満がなくもない気がしますが、メリットが大きいので、忘れました。

ライフスタイル設定は指定した曜日や時間などに応じ、待ち受け画面やメニュー画面などを一括変更するトータルコーディネート設定。マナーモードなどのON/OFFを時間ごとに自動的に切り替えることができる。


机などに置いて、より観やすい角度となるように2段階の調節が可能です。
F904iは、画面をスイングするだけで、使いたい機能を一発で呼び出せるヨコモーションに対応。ワンセグ鑑賞に最適なスタイルなのはもちろん、カメラ撮影や、フルブラウザ閲覧などにも便利です。
音楽操作はケータイを閉じたままでも操作可能。
904iシリーズ共通機能として提供される「2in1」「うた・ホーダイ」「ビデオクリップ」などの機能をサポートしながらワンセグに対応する。
横画面のワンセグ視聴時にメールが着信すると、左にワンセグ画面が移動し、右側に着信ステータスが表示されるので、ワンセグを見ながらメールの文面を確認・返事が書ける。

レスポンスはまあまあ。グラフィカルなメニューを使ってる割にすぐ反応する。
自分撮り用のインカメラは11万画素CMOS
904iシリーズの1つのウリである直感ゲームには対応しない。
待受画面にスケジュール、カレンダー、メモなどさまざまな情報を表示できる「待受画面カスタマイズ」がある。
「MENU」キー⇒「1」「3」キー⇒「決定」(選択)キー⇒グループ名の入力画面で「グループ」を削除し「タワー」と入力⇒「決定」(確定)キー⇒「電話帳」(登録)キー⇒「スペシャルモードに設定しました」と表示され、設定完了。
不満がなくもない気がしますが、メリットが大きいので、忘れました。

no-title


2段階の角度調節で鑑賞可能
最大10MBサイズの動画ファイルを楽しめるビデオクリップに対応しました。
ワンセグならではの字幕放送を最大限活用できるように、多彩な情報表示画面をご用意しました。字幕を画面に重ねない等倍画面表示や、画面サイズ優先の全画面字幕表示、マナーモードに連動した字幕表示モードなど、番組内容に合わせた選択が可能。字幕のフォントには、視覚工学に基づいた「Uni-Type」フォントを採用し、読みやすさにも考慮しました。また、字幕表示は画面の見やすさで好評のアドバンストモードにも対応。
WMAファイルの再生向けに専用チップが搭載され、最長約30時間の音楽再生が可能。
横表示でワンセグを視聴中に通話が着信した場合は、縦画面にすることで応答できるように設定可能。

レスポンスはまあまあ。グラフィカルなメニューを使ってる割にすぐ反応する。
通話ボタンでAF
ライフスタイル設定は指定した曜日や時間などに応じ、待ち受け画面やメニュー画面などを一括変更するトータルコーディネート設定。マナーモードなどのON/OFFを時間ごとに自動的に切り替えることができる。
表示フォントを「ゴシック」と「リュウミン」(明朝体)の2種類から選択できる。
サイドボタンで携帯を閉じたままメール新着確認ができたり、着信お知らせランプが大きく見やすかったりで、閉じていても便利に使える機能がついている
不満がなくもない気がしますが、メリットが大きいので、忘れました。

自分撮り用のインカメラは11万画素CMOS


ワンセグ中に電話やメールが来た場合は、自動でマルチウインドウ画面に切り替わるので便利です。
ヨコモーション対応
ワンセグならではの字幕放送を最大限活用できるように、多彩な情報表示画面をご用意しました。字幕を画面に重ねない等倍画面表示や、画面サイズ優先の全画面字幕表示、マナーモードに連動した字幕表示モードなど、番組内容に合わせた選択が可能。字幕のフォントには、視覚工学に基づいた「Uni-Type」フォントを採用し、読みやすさにも考慮しました。また、字幕表示は画面の見やすさで好評のアドバンストモードにも対応。
ミュージックキーとサイドキーの組み合わせによって、開かなくても立派な「ミュージックプレーヤー」になっている。
横画面時の視聴は、左にメニューを表示する等倍表示と、ディスプレイにフルに番組を表示する全画面表示から選択可能。

レスポンスはまあまあ。グラフィカルなメニューを使ってる割にすぐ反応する。
スライドカバー付きのイヤホンマイク端子
朝起きるときはアラームを鳴らすためにマナーモードOFF、通勤で電車に乗る時間帯にはマナーモードON、寝る時間から朝のアラームまではマナーモードON、といった設定ができる。マナーモードだけではなく、トータルコーディネート設定によって待ち受け画面や着信音もあわせて変更できる。
変換候補表示に画面のほぼ半分、9行分もの候補が表示される。
LEDのイルミネーションが綺麗だし、動作もそれなりに速いです。
不満がなくもない気がしますが、メリットが大きいので、忘れました。

通信モードをMTPモードに変更して、WMPで転送する。


テレビを観ながら色々できるマルチウインドウワンセグが起動中でも、さまざまな他の機能を同時に活用できるマルチウインドウを採用。テレビを観ながら、メールの受信・閲覧・返信ができたり、スケジュールを確認できたりと、さまざまな機能+ワンセグといった「ながら操作」が可能。
ワンセグ映像を録画・保存することはできません。
約3.1インチの16:9フルワイドQVGA液晶搭載
ミュージックキーとサイドキーの組み合わせによって、開かなくても立派な「ミュージックプレーヤー」になっている。
アドバンストモード時には、字幕が30ドットの大きな文字で表示される。

ワンセグとミュージックプレーヤーの起動に時間がかかる。
カラーはnoir(黒)、blanche(白)、champagne(シャンパンゴールド)、bordeaux(ワインレッド)の4色。
ライフスタイル設定は指定した曜日や時間などに応じ、待ち受け画面やメニュー画面などを一括変更するトータルコーディネート設定。マナーモードなどのON/OFFを時間ごとに自動的に切り替えることができる。
変換候補表示に画面のほぼ半分、9行分もの候補が表示される。
サイドボタンで携帯を閉じたままメール新着確認ができたり、着信お知らせランプが大きく見やすかったりで、閉じていても便利に使える機能がついている
結果、大満足です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。